口臭効果乳酸菌と虫歯菌

口臭でお困りの方にとって口腔衛生用品は非常に気になるものだと思います。しかし、あまりに数が多かったり、あまりに多くの種類が多いとかえってどれを選べば良いのか困ってしまうのではないでしょうか?実はこのような商品の中にはほとんど医学的な効果が認められないものや、かえってお口の状態を悪化させてしまう可能性があるものも指摘されています。そこで注目されているのが乳酸菌を含んだ口腔ケア用品です。プロビオティックスと言う新しいお口のケア商品について紹介をしたいと思います。

1・お口は細菌の住処?

お口の中には様々な細菌が住み着いています。口腔内で特によく知られているのはミュ−タンス連鎖球菌・タンネレラ菌・ベイヨネラ菌などの細菌に加え、ポルフィロモナス・ジンジバリスという細菌やプレボテラ・インテルメディアなどの細菌が存在していて、歯周病や虫歯などの多くのお口の病気の原因細菌として知られています。このような細菌の繁殖を防ぐためには歯垢や歯石などの歯の汚れを防ぐことが大切です。

このような細菌はバイオフィルムと呼ばれる汚れの塊の中に住んでいて、この汚れをいかに少なくするかが、歯の健康を守る手段です。ですが、このバイオフィルムはお風呂の汚れと同じもので、一度落としたとしてもすぐにお口の中に出来上がってしまい、簡単に防ぐことができません。このようなバイオフィルムの汚れを防ぐ手段は現在では汚れてしまった後の歯磨きやデンタルフロス敷かなく、汚れる前に予防する手段はあまり充実していません。このような予防手段の一つとして乳酸菌が知られているのです。

2・虫歯を防ぐ乳酸菌

虫歯を防ぐためにはこれまで歯磨きやデンタルフロスなどの歯垢を除去する手段を主体にした予防手段が一般的でしたが、現在はこれ以外に様々な手法が取られています。このような新しい手段の中でひときわ注目を集めているのがプロバイオティクスを活用した予防法です。この予防法では人体に有益な乳酸菌を活用した予防法で、ニュージーランドのブリス社で開発された感想した乳酸菌粉末を用いたものが現在販売されています。プロビオティクスは薬を使わない予防法として非常に人気があり、虫歯だけでなく刺繍妙などの様々な病原菌の繁殖を抑える働きがあります。口臭の予防には様々な予防手段を講じることができますが、どれも根本的な解決ができないことが大半です。ブリス社で開発されたBLIS K12やBLIS M18という乾燥乳酸菌粉末を配合した歯磨き粉やマウスウォッシュを日常生活に取り入れるなど、そもそも細菌が繁殖しにくいお口を作ることが何よりも大切です。BLIS K12やBLIS M18は大人だけでなく、子供にも安心して用いることができる成分なので、ご家族でも安心して使用できます。口臭を気にするあまり日常生活に支障をきたしてしまっては毎日の生活で非常に大きな損失になってしまいます。口臭予防効果のある乳酸菌の力を借りて、口臭と縁のない毎日を手に入れましょう。

記事一覧