大人の歯列矯正は?始める時期と期間の疑問

子供の歯列矯正と大人の歯列矯正は多々違うところがあります。一般に、大人の歯列矯正は小学校高学年、中学生ごろから(永久歯が生えそろってから)を指します。しかし、中学生で始める歯列矯正と、成人してから始める歯列矯正も全く同じかと言えばそうではなく、たくさん相違点があるのが本当のところ。今回は、大人の歯列矯正が始める時期によってどう違うのかをご紹介していきます!

① 中学生から始める歯列矯正

一般に、12、13歳ごろには大人の歯が生えそろってきます。歯並びの治療は自費診療となり高額です(特殊疾患を除いて)。歯並びがきれいだと見た目が良くなるだけでなく、歯が磨きやすくなることによって虫歯や歯周病の罹患率を減らしたり、正しい咬み合わせによるあごの骨や顔面の筋肉の発達の手助けになったりするなど、様々な効果があります。永久歯が生えそろった直後から歯列矯正を始めると、口の中の下や筋肉に歯並びが悪い状態での変な癖がつく前に矯正することができるので、後戻りしにくいという特徴があります。

② 成人してから始める歯列矯正

近年では、社会に出てからなど、昔より成人の方の症例が増えてきました。成人後に行う場合は比較的短期間で治療が終わるというメリットがあります。しかししっかり矯正後の保定を行わないと、筋肉や口の中の癖によって後戻りしてしまうことがあります。また、歯周病になってしまう可能性も高くなり、「なんだか始める前より歯茎が下がった気がする。」という人も多いです。

③ どちらがいいの?

では早く始めればそれでいいのかと言うと、必ずしもそうではありません。なぜなら、中学生ごろはまだあごの骨が十分に発達しておらず、せっかく歯並びがきれいになっても少しずつ変化していく可能性があります。よって、中学生ごろから始める歯列矯正は比較的治療期間が長くなる傾向にあります。また、成人した後に生えてくる親知らずによって、再度歯並びがずれてくる人もたくさんいます。成人してから行う場合はあらかじめ親知らずを抜歯してから歯列矯正を始める場合が多いため、そのリスクは極端に減ってきます。しかし先ほど述べたようなデメリットもあるので、矯正を始める時期はとても重要になってきます。そのためにも正確な診断が必要なので、早めに矯正科を受診しましょう。

④ 歯列矯正時の注意点

複雑な装置が口の中に付いている状態なので、色々な症状が出てきます。まず注意したいのが口内炎。慣れてくるまで口の中にたくさんできてしまい、とても痛いです。1~2か月に1回ぐらいの頻度で装置の調整を行いますが、ワイヤーに負荷がかかることにより歯がとても痛くなり、十分に物が噛めないこともあります。スープやうどんなど、比較的飲み込みやすいものを食べることをおすすめします。そして、歯が磨きにくいため虫歯ができてしまう人が多いです。先の細い矯正用の歯ブラシや、デンタルフロスを使って虫歯予防に努めましょう。あまりにも虫歯の進行がひどいと、矯正を中断して虫歯治療をしなければいけないこともあるからです。

このように、歯列矯正は始める時期によってたくさんのメリット、デメリットがあります。矯正中はどうしても見た目が悪くなったり、痛みなどによりモチベーションを保てないことも多いので、自分に合った最適な時期に矯正することをお勧めします。きれいな歯並びで、素敵な笑顔を手に入れたいですね!

記事一覧